筆者のプロフィール

筆者:はち 

33歳♂ 千葉県 → 長野県松本市へ移住

ななめ後ろ姿で失礼します。

私は秋田のど田舎で生まれ、栃木、埼玉、千葉を転々とした後、2018年に長野県松本市へ移住しました。

2児のパパ、転職、移住・旅行、田舎暮らしという経験を活かし、あなたに役立つ情報を発信します。

現在は主に民生品の製品設計(守秘義務のため詳しくは秘密)、Webライター、投資で生計を立てています。

以前、投資家として株のデイトレードも行なっていましたが、1日中株のことを考えながらの子育てが大変になってきたのでやめました 笑 現在では、スイングトレード(短期間の取引)がメインです。

筆者の経歴

高校卒業後はなんとなく「ペットのトリマーになりたいけど、どうしようかな〜」と考えていました。

そんなときダメ元で受けた大手自動車会社が採用してくれて、四輪自動車の設計開発をやることに。

設計開発はいろんな国や地域と関わり、とても刺激的。今まで主に日本、アメリカ、イギリス、中国の主要車種のリリースに関わりました。

楽な仕事ではありませんでしたが、それなりに楽しんでいたなーと思います。

その後、やってみたいなーと思っていた医療業界に転職しました。こちらも設計開発。同じ職種でも車とは全く違う開発に驚きながらも、刺激的な日々を送ります。

医療機器開発では、主に手術に関する知識、細かいところでは褥瘡(じょくそう)、整形外科も多少関わりました。

学会で手術動画を見ながら、美味しいお弁当を食べたのがいい思い出です 泣

そして仕事の都合と趣味の旅行で、今まで全国各地や世界の国を見てまわりました。

世界を見て思ったのは「自分は世界の1ミリくらいしか知らない。もっといろんな場所を知りたい」ということ。

現在では妻と子どもがいるので、子ども連れでたまに旅行を楽しんでいます。

サラリーマンからフリーになった経緯

転職をした後に結婚し、子どもも授かります。そして2018年、嬉しいことに第2子を授かりました。

しかし、安定していると思っていた生活に、突然暗雲が立ち込めました。妊娠中の妻が倒れたのです!

そのときの状況は妻と育児のため時短勤務をやってわかった大切なことの記事で語ってありますので、よろしければ見てください。

妻は無事でしたが、安静にしなければならなくなった。私たちは、核家族の子育ての大変さ、不安定さを痛感したのです。

当時勤めていた会社の上司に相談して、時短勤務をさせてもらうことで一時しのぎました。しかしそれも限界を感じた…

私は家族との時間を確保するため、2018年3月にサラリーマンを辞め、フリーなりました。

 

のんびり移住先を探してついに長野県へ移住

千葉の片田舎でのんびり過ごしながら、移住先を探したり旅行していました。最初は楽しく考えていましたが、これが考え始めると子連れ移住って結構大変。

1人で移住するなら気楽です。しかし、私には家族がいます。自分だけが気に入った場所に住むわけにはいかない、というのが私の頭にありました。

 

子どもの学校を考えると、何度も移住するのは子どもがかわいそう。もちろん、子どもが学校に合わない、などあればまた移住も考えますが。

インフラ、学校、利便性、災害、自然、食事、行政、人間関係

いろんなことを考えながら、移住先を探していました。

そしてついに、長野県松本市へ移住しました。

自然豊かだけど、街も発展している。美しいアルプスや川があり、街に繰り出せば美味しいグルメやショッピングも楽しめる。

松本市を移住先に選んだ理由は、簡単に言うと「大人にも子供にも刺激的な街」だったからです。

移住してまだ半年、本当に移住してよかったかどうか。わかるのはこれから。

あなたが暮らしやすくなるような情報を発信したい

私は自分たちのような子育て家庭が、もっとがんばらないで暮らしやすくなればいいなと思っています。

このサイトでは、子育て、旅行、移住、仕事といった「こども&旅&ライフ」の情報を発信します。

私が体験した情報をまとめ、同じような境遇の人のお役に立てれば嬉しいです。

あなたが、がんばらなくて済みますように♪

更新日:

Copyright© こどもたびライフ , 2020 All Rights Reserved.