環境保護 子育て

子どもたちの未来を本気で考えたときにやるべきこと 1/3

投稿日:

アンドリュー・スコットとリンダ・グラットンのベストセラー「LIFE SHIFT」で人生100年時代が提唱されてから早5年。

私もふと子どものことをかんがえるのですが、西暦2100年には現在8歳と3歳の息子たちは90歳手前で、まだ元気な可能性も。

様々な問題が急激に進行してきた昨今。子どもたちの未来のために、私たち大人が何をすべきなのか?きれいごとではなく本気で学んで行動しなければならないと思い、まとめることにしました。

ということで、このテーマについて3部構成で記事を書きました。

1、このまま何もしないとどうなっていくのか?

2、なんで、ヤバい状態になっていて、どうすればいいのか?

3、私たちが行動するためには、まず何が大切なのか?

こういった流れになっています。少し長いですが、最新の科学や名著5冊分くらいの知識をぎゅっと圧縮しましたので、お付き合いいただければと思います。

もし「時間がないから、最初の1歩だけ知りたい!」という場合は、3つ目の記事だけ読んでいただいてもかまいません!

大人たちが破壊した地球環境

”あなたたちは、私たちを失望させている。しかし、若い世代はあなたたちの裏切りに気づき始めています。未来の世代の目は、あなたたちに向けられている。”

(グレタ・トゥーンベリ 2019国連気候行動サミットスピーチより抜粋)

これは当時16歳の少女が世界に向けて発信した言葉の一部。ニュースで話題にもなったので、あなたもご存知かもしれませんね。

スウェーデンの環境活動家、グレタ・トゥーンベリさんは、気候変動の深刻さについて誰よりも理解を深めようとし、行動をしている1人です。

ニュースではその過激な言動に注目されるような節がありますが、グレタさんは何に怒っているのでしょうか?

それは、大人たちが破壊してきた地球環境に対し、見て見ぬふり、又は何とかしようとする素振りをしているから、だと私は感じています。

 

ここ数十年で地球の気温はグングン上昇し、その影響で巨大台風が発生したり、大規模な山火事で10億匹以上の生命が失われたりしています。

 

それなのにトランプ元米国大統領は、地球環境を守るためのパリ協定から離脱したり、

経済発展が永続的に続くという前提で話をする大人たちがいたり。

 

今すでに高齢の方、資産のある人や会社は、環境破壊による悪影響から”逃げ切れる”かもしれません。

でも環境問題を解決しないと、今20代以下の若者たちにとっては「大人が壊した環境問題の悪影響を直接受けながら生きていく」ことに直結してしまうのです。

 

例えば、隣人が庭でバーベキューしたとしましょう。

ちょっとした不注意で、庭木に火が燃え移り、あなたの家まで火事になってしまったらどうでしょう。

「仕方ないね」とは思えないのではないでしょうか?

家なら火災保険もかけられますが、地球には保険なんてありません。

例えが幼稚ですが、環境破壊とは、こんなことが世界規模で起こっているようなものなのです。

 

事実を知っていくと、グレタさんに共感する人々だけでなく、日本の人たちだって怒るのではないでしょうか?

ちなみにグレタさんは、次のようにも語っています。

 

”私の声は聞かなくていい。科学者の声に耳を傾けてほしい”

(グレタ・トゥーンベリ 2019米下院スピーチより抜粋)

 

グレタさんはただ感情的に怒っていうるのではなく、最新の科学に基づいて発言していることがほとんどだと言います。

そのため世界の科学者からも支持されており、グレタさんの発言とは世界中の人が知るべき怒りなのです。

このまま何もしないと、コロナどころの騒ぎではなくなる?

では実際に、どのくらい地球環境がヤバい状況なのか?

結論から言うと、最悪シナリオでは人が住めない星になってしまうかもしれない、そんな状況と言われています。

(1750年の工業化以降、2100年までに4.8℃上昇した場合)

4℃で人が住めなくなるかも?でも、日本で40℃を超える日があるけど、海外では50℃とかの場所もあって、4.8℃ってそんなに問題なの?

そんな疑問を持つ人もいるかもしれません。

 

できるだけ深刻さが伝わるように、もう少し情報をあげてみます。

1960年から2020年まで、世界の平均気温はおよそ1.0℃上昇したと言われています。

数字で見ると、たった1℃です。

 

でもここ数年で、「100年に1度の規模の台風」「50年に1度の大雨」とかよく聞くようになったと思いませんか?

実はこれも温暖化の影響と言われています。

 

なぜ1℃の上昇で大雨が増えるのか?それは、気温上昇で大気中の水蒸気量が増えたから。

NewsPicks 【完全解説】ビル・ゲイツが巨額投資する「気候変動」のすべて より筆者作成 

 

気象庁気象研究所によりますと、2018年の西日本豪雨の際には「地球温暖化によって雨量が6.5%増えた可能性がある」と発表がありました。

1℃上昇しただけでも、雨量が6.5%増えた?じゃあ4.8℃上昇したら・・・

これだけではありません。気温上昇による悪影響は、数えきれないほど起こるとされています。

・森林火災の増加

・海産物漁獲量の減少

・野生生物の絶滅(1750種以上)

・海面上昇による洪水

・永久凍土融解により地中にある温室ガスが発生したり、

 眠っていた未知のウイルスが現れる

この他にも、科学者でも予想しきれない負の連鎖が起きる・・・

だいぶヤバさを感じていただけたのではないでしょうか。

 

私が子どもの頃、私のふるさと秋田県では、真夏でも30℃を超えることが稀だったと記憶しています。

それが今では、30℃は当たり前、35℃を超える日だってある。

そう、あくまで1℃上昇というのも「平均気温」。スポット的には、5℃とか上がってしまう日もある、そう実感しています。

あなたも地球温暖化に加担している

こんなヤバい地球温暖化、すぐにでも止めなきゃいけない!

じゃあどうやって止めればいいのか?

エコバックを買ったり、電気自動車を買ってるから、いいよね?

小さな行動も大事です。でも、地球温暖化を抑えていくには、その問題を知らなければいけません。

 

そもそも地球の大気には、CO2(二酸化炭素)があります。

そのCO2は、簡単に言うと太陽光で暖まった地球の熱が、宇宙に逃げないように閉じ込めているのです。

しかし産業革命が起こってから、人間が燃やした石炭など化石燃料により、大気中のCO2が激増しました。

それまではちょうどよくCO2が熱を留めて、ほどよく宇宙に熱が逃げていたのに、逃げるべき熱がとどまってしまって地球温暖化になっている、そんな構造です。

今まで薄手のダウンジャケットでちょうどよかったのが、ダウンがどんどんモコモコになっていって「ちょっとこれ暑すぎだよね」ってなってしまったような感じ。

ダウンジャケットなら脱げばいいですが、CO2の大気は脱げませんよね。

ちなみに「温室効果ガス」と呼ばれる温暖化の原因となっているのは、メタン、フロンなどもあるのですが、CO2が7割以上を締めていると言われています。

次に、CO2をはじめとする温室効果ガスを排出しているのが何なのか?

実は、思いのほか色々な産業から排出されているのです。

出典:温室効果ガスインベントリオフィス

 

普段生活していると、車の排気ガスが温暖化にすごく影響を与えてる!ように感じませんか?

もちろん温暖化は車の影響も大きいのですが、それ以上にエネルギー関連、農業、畜産、工業などの影響もすごいのです。

身近な例として、牛さんのゲップなども実はものすごいCO2やメタンが含まれてるので、牛肉を消費することは温暖化を促進しているといっても過言ではありません。

あなたも、私も、きっと車にも乗るし、牛肉も食べるでしょう(ビーガンの方は別ですが)。

つまり、少なからずあなたも私も温暖化に加担してしまっているのです。

「じゃあ、牛肉食べるのやめて、明日から歩くことにするわ!」

海外を見るとこういう若者は増えていますが、なかなか簡単なことじゃないですよね?

我が家では、個人でできる小さなことから始めてはいます。プラスチック製品を極力買わない、肉の代わりにダイズミートを食べる、できるだけエアコンに頼らない・・・

でも全然足りないんです。それでも、まずはこういう一歩が大事なはず。

その上で、地球温暖化のヤバさに気づいた人は「もっと効果的に、根本的に解決する方法はないか?」と考えはじめています。

地球温暖化ヤバいな、どうすればいいんだ?と思ったら

まずここまでで、地球温暖化のヤバさを知らなかった人には、そのヤバさが少し伝わったのではないでしょうか?

おまけにヤバいのは「地球温暖化を促進する人間が作ったシステム」を解消するのは、ものすごく難しいということ。

しかし、我々はそれも学び、行動する必要があります。とくに30歳以上の働き盛りの人たちにとっては、義務だと思っています。

次の記事では、人間が作った環境破壊のシステムと、その解決方法のヒントについて触れたいと思います。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

はち

2児のパパ。あなたの側にある製品の開発者。ライター、投資家も。2018年、子育てのため長野県へ移住し核家族で奮闘中!

-環境保護, 子育て

Copyright© こどもたびライフ , 2021 All Rights Reserved.