転職

転職サイトの口コミ情報の使い方。優良企業を見つける方法とは?

更新日:

転職を考えるとき、転職情報サイトを参考にされる方も多いと思います。しかし表面上はわかりにくい情報が眠っていることも多いです。私は家族のことを考えながら転職をした身。人一倍企業選びには注意しました。今回はあなたがより良い転職ができるように、転職サイトや企業HPの情報の読み方についてご紹介します。

転職情報系サイトの種類

転職サイトと言っても、種類があります。サイトをうまく使い分けることで、よりあなたにあった求人を見つけることができます。

転職サイト

まず転職サイトと言うと、リクナビNEXT(リクルート)マイナビ転職エン転職など求人情報が載っているサイトはすぐに思い浮かぶのではないでしょうか。

転職サイトは、サイトを運営する企業に対し、求人を載せたい企業が費用を支払って広告を載せているような形がほとんど。メリットとして転職サイトは誰でも手軽に求人情報を検索できるところにあります。

 

転職エージェント

次に、転職エージェントがあります。こちらもリクルートエージェントマイナビAGENTなど、転職サイトを運営しているところでは扱っているところが多いです。

エージェントの場合、登録すると専属エージェントが付いて就職まで面倒を見てくれます

希望に沿った求人を探してくれたり、本人の経験や実力に沿ったアドバイスをしてくれたりもします。転職エージェントと普通の転職サイトとの一番の違いは、転職エージェントの方が優良求人を多く取り扱っていること。

これは転職サイトと転職エージェントのシステムの違いによるものですが、転職エージェントは転職サイトとは違い成功報酬型のため。

また、その道のプロが就職・転職希望者のレジュメ(履歴書)を直接見て、相談した上で企業に推薦してくるので、企業としてもより良い人材のために費用を割きやすいのです。

就職・転職口コミサイト

そして、就職・転職口コミサイト。Vorkers転職会議などがあります。このようなサイトには、実際に企業に在籍する人が投稿した口コミ、年収、企業風土など様々な情報が載っています。クチコミなので情報操作してしまうこともできるとは思いますが…

私が実際に所属した企業や良く知っている企業と照らし合わせると、おおよそ正しい情報がアップされています。転職だけでなく、就職を希望する学生もクチコミサイトは是非チェックしておくべきです。

優良企業を見つけるためのポイント

サイトの種類がわかったとことで、優良企業を見つけるためのポイントをご紹介します。

まず求人情報はしっかり読む

一度職に就くと、転職するのは面倒なことが多いです。当然のことですが、求人情報にはしっかり目を通すことが重要です。

意外と見落としがちなのが、休みの日。よく「週休2日制」と記載のある企業がありますが、これは「必ず週2日休めますよ」ということではないので注意。必ず週2日休める場合、「完全週休2日制(土日祝)」などと記載されるのです。

祝日が休みでない企業もあるので、よーくチェックしてみてください。
(私が以前在籍した企業は祝日も出勤でした)

また、勤務地が日本のどこかの県になっていても、海外事業所がある企業は、海外駐在(海外長期滞在)もあると認識してください。良心的な企業の場合は、面接や説明のときに海外駐在もありえます、と説明があります。しかし必ずしも良心的な企業ばかりではないと思ってください。

誰の口コミかをチェックする

さてここから本題ですが、大体の方は口コミサイトを見るときは良い情報、悪い情報を探すのではないでしょうか?

それ自体は当然のことだと思います。しかし口コミ情報で意外に見落としがちなのが「誰がアップしたクチコミなのか」ということ。

例えば、良い口コミばかりの企業があったとします。しかしよくよく口コミを読んでいると、「研究職」とか「開発職」です。自分の希望は「経理」だ、という場合、この口コミは一気に信ぴょう性が下がってしまいます。

なぜならば、同じ会社内でも部署が違えば全く雰囲気や待遇が違うということは良くあること。

「研究職」なら給料も良いし有休も取りやすいけど、「経理」は給料が上がらないし雰囲気も悪く、有休も取りにくい、なんてこともあります。

クチコミを見るときは、必ず自分が希望する部署・役割を参考にすることです。

 

エージェントに頼る

そして困るのが「クチコミがない or 少ない」企業。転職サイトで発見した、またはエージェントから紹介されたけど情報がない・・・いろんなサイトを探してみてもクチコミがない、という企業もたくさんあります。

クチコミがない場合、まずはエージェントに聞いてみるのが良いです。

エージェントの質にもよりますが、企業風土、厚生制度、残業といった情報を入手していたり、または詮索してくれます。
エージェントもプロですし、実際に企業に伺っている人たちです。その企業の雰囲気も生身で感じています。

実際私が転職したときはこのクチコミが少ないパターンでした。

そこでエージェントに色々聞いてみたところ、探りを入れてくれたのです。

また、クチコミが少ないというのは、転職情報サイトの登録をしている社員が少ない=辞める人が少ないとも考えられます。

もちろん、クチコミ情報だけで早合点するのは危険ですが、企業のホームページやエージェントの情報と組み合わせて考えてみると、その企業の本質が見えてきます。

転職情報サイトに登録している人は、

①今の企業に嫌な点があり転職を考えている人
②ステップアップのため転職を考えている人
③情報収集のため

という人でほぼ形成されていますが、①の人の割合が最も多いと考えると必然的に悪いクチコミも増えるというもの。悪いクチコミだけに流されてはいけません。

実際に私はこの考え方でとてもホワイトな企業に転職でき、満足しています。


ちなみに私が最終的にお世話になった転職エージェントは、JACリクルートメントです。優良企業の情報も多く、エージェントの知識も豊富でおすすめ!

JACリクルートメント 公式サイトへ移動

2025年くらいを目処に勢いが増すと言われている「ドローン」の操縦士。なんとドローン専門の転職サイトもあります。面白そうですね!


できるだけ時間をかけて調査をしよう!

転職を考えるときは、冷静にできるだけ時間をかけて、企業の情報や自分の進みたい道を整理することが大切です。また、自分の能力や性格にマッチした企業を探すには転職情報サイトやエージェントの情報を頼りにすることをおすすめします。

何年、何十年と努める企業ならば、数ヶ月かけても情報収集すべきと私は思います。転職を考えている方、この記事を読んで少しでもお役に立てれば幸いです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
はち

はち

2児のパパ。あなたの側にある製品の開発者。ライター、投資家も。2018年、子育てのため長野県へ移住し核家族で奮闘中!

-転職

Copyright© こどもたびライフ , 2020 All Rights Reserved.