グルメ

時短家事でママも楽チン!「焼きそばバゴォーン」ならカップ麺を食べる罪悪感なし?

更新日:

育児していると、カップ麺に甘んじちゃいたくなりませんか?離乳食の期間とか、大変すぎて自分のご飯なんて作ってられない…私も妻を見ていて「大変だ…」と思いました。そんなパパママは「焼きそばバゴォーン」なら、カップ麺を食べる罪悪感も減りますよ!そして味も1級!東北限定のカップ焼きそばなんですが、関東の友達にお土産で渡したところ、とっても評判でリピーター続出だったため、ご紹介します。

東北人ならみんな知ってる!?意外と歴史のある焼きそば

マルちゃんブランドの東洋水産が販売している「焼そばBAGOOOON(バゴォーン)」です。 1979年に販売開始と結構歴史のあるカップ焼きそばなのですが、現在は東北・信州限定発売となっています。 昔は全国展開していたようですが、どうも東北・信州以外では営業がうまくいかずに中止したとのこと。 しかし、私の中では日本一のカップ焼そばなのですw   いえ、とくに東北人は「カップ焼そばといったらバゴォーン」という人が多いはずです。 以前私は、友人とカップ焼きそば食べ比べを行いました。 こんな感じで食べ比べしましたw これは一部です そのとき、50種類ほどのカップ焼そばを食べ比べました。 そして全員一致で、やはり美味しいのは「バゴォーン」という結果になったのです!

わかめスープ付きだし、エコ!

バゴォーンは美味しいだけじゃありません。なんと「わかめスープ」付き! 以前は「三陸産わかめスープ」だったのですが、大震災の影響か現在は普通の「わかめスープ」。 わかめとゴマのシンプルなスープですが、美味しいし焼きそばにも合います。 そしてこのわかめスープ。焼そばを作った捨て湯で作れるのです!! 普通なら捨てるはずのお湯さえ無駄にしません。どうですか?エコでしょう! エコだし美味しい♪

飽きのこないお味

味ですが、甘くて少し濃い目のソースで美味しいです。かやくにはキャベツと「なぞ肉」的なチキンダイス、あおさ、紅生姜が入っています。 しつこすぎず、あっさりしすぎず、バランスがいいのです。 そこにわかめスープで、箸休めにもなります。湯切りしすぎてパサパサしちゃったら、麺をスープにつけて食べるという技も。 現在の味のバリエーションは、普通の味に加え「塩味」、「甘口ソース」、「辛口」があります。 全部食べましたが、どれもカップ焼きそば界でトップクラスに美味しいです! えび塩味は食べたことなかった!

北海道の「やきそば弁当」と姉妹商品らしい

道民が愛するカップ焼きそばで、最近また関東にも復活してきた「やきそば弁当」があります。 「バゴォーン」は「やきそば弁当」の姉妹商品のようですね。どちらも東洋水産の商品です。 もともとはやきそば弁当の方が先に販売され、バゴォーンも数年後に発売。共に全国展開していたのですが、地域性に合わせたのか限定商品になりました。 最後は好みの差ですが、「やきそば弁当」も姉妹品だけあって美味しいです。 麺はやきそば弁当の方が少しあっさり、スープは中華スープ、という違いがあります。 私は東北人出身だからか、バゴォーンの方が僅差で好きですけどw

スープ付きで美味しいので、罪悪感減る!

残念ながら東北・信州でしか販売していないので、通販でお取り寄せになりそうです。 でもお取り寄せしてでも食べる価値ありです!きっとやみつきになりますよ!
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
はち

はち

2児のパパ。あなたの側にある製品の開発者。ライター、投資家も。2018年、子育てのため長野県へ移住し核家族で奮闘中!

-グルメ

Copyright© こどもたびライフ , 2020 All Rights Reserved.