赤ちゃん

BABY IN CAR?BABY ON BOARD?車に貼られたステッカーの意味とは?

更新日:

車を運転していると、BABY IN CARやBABY ON BOARDと書かれたステッカーを貼っている車を見ることがありますよね。簡単に言うと「赤ちゃんが乗ってますよ」のアピールですが「だから何?」という人も少なくないのでは?

今回はそんな「だから何?」という人や「車にあのステッカー貼りたいんだけど」という人にステッカーの意味をご紹介します。

さらに、マグネットタイプのステッカーは貼り付かない車があることをご存知でしたか?マグネットタイプの注意点についてもご紹介します!

BABY IN CARの元々の意味は?

BABY IN CARというステッカーを見ると、一般的には「赤ちゃんが車に乗ってるから、気をつけてね」とか「ゆっくりでも許してね」という意味で捉えるのではないでしょうか?

でも実は、BABY IN CARにはもっと深い意味があったのです。

元々はアメリカが発祥で、万が一の事故のとき「赤ちゃんが乗っているから探して!優先的に助けて!」というニュアンスがあったようです。

諸説ありですが、レスキュー隊員も人間ですし赤ちゃんは1人で逃げることができないので、私はこの考えに同意します。

残念ながら、アメリカではもうこのステッカーが廃れてしまったようですが…

BABY IN CARは和製英語?

「BABY IN CAR」は、文法的には正しくない、という意見があります。

実際は「BABY IN THE CAR」などと言う方が正しいのかもしれません。

しかし視認性の面や、わかればいいという点では「BABY IN CAR」でいいんです!

新聞の見出しでもよくaやtheの“冠詞”は省略されますし。

オーストラリアにも「BABY IN CAR」のステッカーがあったという話も聞きます。

そしてアメリカでは「BABY ON BOARD」という表示が一般的です。

個人的には、BABY IN CARだろうがBABY ON BOARDだろうが意味がわかるので問題ないです。

日本語だって完璧に使いこなしてる人少ないですよね?

このステッカーが嫌いという人もいる現実

ネットの声を見ると、このステッカーを嫌ってる人も少なくないようです。「だから何?」「逆に割り込みたくなる」という残念な声もあります…

「貼ってるやつほど運転が荒い」という意見もありました。

この話は、私も理解できないわけではありません。

BABY IN CARのステッカーを貼ったミニバンが、道のど真ん中を走っていたり。

やけに煽ってくる車だと思って道をゆずったら、BABY IN CARだったり。

残念な声が生まれる背景には、ステッカーを使うユーザーのモラルがあるのでしょう。

マタニティマークでも「妊婦だからって偉そうにされると気に入らない」という人もいますし…

BABY IN CAR、BABY ON BOARDステッカーの本来の意味が広まり、使用者のモラルも改善して正しい理解が広がることを願っています。

マグネットタイプのステッカーは、最近の車ほど貼れないかも!?

「BABY IN CAR」、「BABY ON BOARD」は、ステッカーだけでなく吸盤タイプやマグネットタイプがあります。

吸盤だと見えづらい、ステッカーだと跡が残って嫌、という人はマグネットを選ぶのではないでしょうか。

しかし注意が必要です。アルミや樹脂製のリアゲートには、マグネットはくっつきません!

最近の車ほど、車のリアゲート(後ろのドアのこと。ハッチとかテールゲートとも言う)には鉄が使われなくなってきています。

最近の車に鉄以外の材料が使われるの背景は軽量化が主な理由です。

あなたがマグネットタイプのステッカーを購入しようとしているなら、自分の車のリアゲートが鉄製がどうか磁石で確かめましょう!

マグネットタイプはこんなかわいいのもありますよ♪

モラルをもった使用と、正しい理解が広まってほしい

「BABY IN CAR」「 BABY ON BOARD」のステッカーの意味がしっかり理解されていれば、ネガティブ意見が減ると思っています。

もちろんユーザーのモラルあってのことですけどね。

ステッカーがあってもなくても、安全運転、防衛運転を心がける、ということがとても大切なことは言うまでもありません。

子どもがいる人もいない人も、思いやりを持って運転をしましょう♪

 

安全運転で子連れドライブなら、千葉の海を見にいきませんか?関東なのにとっても綺麗な海がありますよ!

関連記事はこちら→あ千葉の綺麗な海をドライブ!子連れにもおすすめのスポット4選

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
はち

はち

2児のパパ。あなたの側にある製品の開発者。ライター、投資家も。2018年、子育てのため長野県へ移住し核家族で奮闘中!

-赤ちゃん

Copyright© こどもたびライフ , 2020 All Rights Reserved.